スポンサーリンク

元採用担当者が無料でおしえる面接前の企業研究で押さえるべきポイント3つ

転職

これから転職の面接を受ける方

事前にどんなことを調べたらいいんだろう

企業のことを知るために見るべきところはどこだろう

企業研究のポイントを知りたい

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 元採用担当者が無料でおしえる面接前の企業研究で押さえるべきポイント3つ
  • オススメの転職サービス3つ

 

この記事を書いている僕は、法人向けの営業経験が13年以上です。(2020年現在)

自身も4回の転職経験あり。

企業の求人採用や人材育成にも関わってきたので、面接する時のポイントについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

元採用担当者が無料でおしえる面接前の企業研究で押さえるべきポイント3つ

これからいざ面接となっても相手の企業をよく知りもしないまま行くのは無謀ですよね。

まだ出会ったこともない人にプロポーズしに行くようなものです。

これだと高い確率でフラれるでしょう。

相手の企業のことをよく知るために押さえておくべきポイントがあるということをご存知でしたか?

このポイントは面接に役に立つだけでなく、営業や提案に行く時にも役に立ちます。

イメージとしては誰よりも徹底的にその企業を好きになることです。

そのためには、誰よりもその企業のことを知ること、まるでずいぶん前から働いていたように知っていることがたいせつです。

 

企業の事業内容や強みを押さえる

絶対に押さえておかなければならないのが、その企業がどのように収益をあげているかです。

「そんな大事な情報わかるの?」という人もいるかもしれません。

その企業のホームページにすべて書かれています。

「会社案内」「企業案内」「会社概要」「企業概要」あたりのページをよくチェックしましょう。

「どんなサービス」を「どんなターゲット」に「どんな手段」でという見方でその企業を見ることができると良いです。

そのあたりがわかったら今度は似たような企業をググってさがしましょう。

その企業と比較して、何が強いのか、何が弱いのかを自分なりに把握します。

大体のことは企業のホームページに記載されているので把握できますが、もし可能であれば実際に企業のサービスや商品を使ってみて自分なりのポイントを押さえておくとさらに良いでしょう。

 

企業の雰囲気やカルチャーを押さえる

その企業がどんな人を欲しがっているのか、どういった会社の雰囲気なのか、これを押さえておくことで志望動機に厚みが出て説得力が増します。

この雰囲気やカルチャーに合った自分の能力をアピールすることができたら採用担当者も好印象をもってくれるでしょう。

こういった企業の雰囲気、カルチャーについては、企業のホームページ、求人採用の別サイトに書かれていることがほとんどです。

TwitterやFacebookなどのSNS、社員のインタビュー記事やコラムなどがあればチャンスです。

求人採用により力を入れている企業と言えるでしょう。

「コイツ、こんなところまで見てるのかよ」

「よっぽどうちの会社好きなんだな」

「情報収集能力高いな」

そんな風に思ってもらえるくらいがいいです。

なぜならそれが熱意として相手に伝わるからです。

 

その企業の歴史を押さえる

企業のホームページに、「沿革」というページがあったらチェックしておくと良いです。

どういったかたちでその企業がスタートしたのか、創業時はどのようなサービスや商品を扱っていたのか。

そして現在の事業規模やその業界でどのような位置にいるのか。

もし「IR情報」のページがあればそこもチェックしておくと良いでしょう。

株主や投資家に向けて書かれた企業の財務状況のページですので、より具体的な数字でその企業の経営状況を把握することができます。

そしても最も重要なのが、これからの企業のビジョンと事業をどう展開していく予定なのかです。

これらも基本的には企業のホームページ上に書かれていることがほとんどです。

ですが、社長のインタビュー記事やインタビュー動画がネット上にある場合はよく見て理解することがたいせつです。

まさかとは思いますが、「社長の名前」くらいはちゃんと覚えておくようにしましょう。

 

オススメの転職サービス3つ

書類選考から面接を受けて内定をもらう確率は、約30社応募して1社、2社程度と言われています。

自分のかなえたい目標を達成するための会社選びをはじめましょう。

 

DODA(デューダ)

☑️取扱求人の80%以上が非公開求人

☑️エージェントとの併用が可能

☑️内定までをトータルサポート

 

・転職サイトで自分にあった求人が見つからない。
・自身の経験が活かせる仕事の見つけ方が分からない。
・転職をしたいけど、何から始めていいか分からない。
・履歴書・職務経歴書の書き方が分からない。

 

ワークポート


☑️IT業界だけで約2,000社と取引実績

☑️非公開求人を含め38,000件以上

☑️書類作成から円満退職までサポート

 

 

・強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
・常時38,000件以上の求人を保有!非公開求人も豊富!
・各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート
・オリジナルツール「eコンシェル」が便利!

DYM就職


☑️2,000社の優良企業のみ紹介

☑️イベント来場者の就職率96%

☑️カンタン60秒マッチングサービス

 

 

・既卒者・第二新卒者・高卒・大学中退者
・ニート・フリーター・契約社員・派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
・正社員経験3年未満の方
・正社員として働きたいが、何をしたらよいかわからない方

 

転職
スポンサーリンク
最強営業本部長をフォローする
スポンサーリンク
給与未払いで借金700万円から脱け出したブラック企業の元取締役営業本部長
タイトルとURLをコピーしました