スポンサーリンク

トラブルに注意!円満退職したい時の退職理由と退職手続きの進め方

転職

これから退職手続きを進める方

退職ってどのタイミングで言えばいいんだろう

退職理由はなんて書けばいいんだろう

トラブルなく退職する方法を知りたい

こういった悩みに答えます。

 

 

本記事の内容

  • トラブルに注意!円満退職したい時の退職理由と退職手続きの進め方
  • オススメの転職サービス3つ

 

この記事を書いている僕は、法人向けの営業経験が13年以上です。(2020年現在)

自身も4回の転職経験あり。

企業の求人採用や人材育成にも関わってきたので、退職する時のポイントについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

トラブルに注意!円満退職したい時の退職理由と退職手続きの進め方

入社も退職も企業との契約事ですので、意外とトラブルや注意点が多かったりします。

書類の手続きもそうですし、引き継ぎ等、あなたがいなくなった後の会社側の準備もあります。

最後の最後にトラブルに発展したなんてことのないように、円満な退社の流れについて解説します。

 

退職のスケジュール感

退職の2ヶ月から1ヶ月前まで

☑️直属の上司に退職の意思を伝え、タイミングなど相談

☑️退職日が決まったら必要書類の確認と記載

☑️公的手続きの確認(保険など)

 

1ヶ月前から退職日まで

☑️後任に担当業務の引き継ぎ

☑️挨拶状の手配(企業により必要な場合のみ)

☑️顧客や取引先への挨拶(企業により必要な場合のみ)

☑️有給休暇の消化(企業の就業規則による)

 

退職日当日

☑️企業から与えられていたものを返却(名刺、会社用携帯、PCなど)

☑️企業から年金手帳を受け取る

 

直属の上司への報告は早ければ早いほどいい(1ヶ月〜3ヶ月前)

会社に退職の意思を伝えてから2週間が経過していれば退職できるということに民法上なっています。

ですが、前もって働いている企業の就業規則を確認するようにしましょう。

そこにいつまでに退職の意思を伝えるべきかが書いてあります。

そして担当業務の引き継ぎもあるでしょうから、退職の意思表示は早ければ早いほど会社にとって良いです。

あなたにとっても余計な心配事がなくなるので、退職する1ヶ月前〜3ヶ月前には直属の上司には伝えておきましょう。

 

退職理由は「個人都合」としておくのがマナー

退職理由はあくまでも「個人都合」を理由にするのがマナーです。

もし企業や上司との人間関係など職場環境に不満があったとしても退職が決まったからといって、それをわざわざ正直に伝える必要はありません。

これから辞めるのにわざわざ敵を作る必要はありませんよね。

「大変お世話になったのですが・・・」と前置きした上で「個人都合」を理由にして、退職の理由を伝えましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉もあるように、お世話になったことや感謝の気持ちを正直に伝え、きれいにやめていくのがお互いにとって良いでしょう。

 

 

オススメの転職サービス3つ

書類選考から面接を受けて内定をもらう確率は、約30社応募して1社、2社程度と言われています。

自分のかなえたい目標を達成するための会社選びをはじめましょう。

 

DODA(デューダ)

☑️取扱求人の80%以上が非公開求人

☑️エージェントとの併用が可能

☑️内定までをトータルサポート

 

・転職サイトで自分にあった求人が見つからない。
・自身の経験が活かせる仕事の見つけ方が分からない。
・転職をしたいけど、何から始めていいか分からない。
・履歴書・職務経歴書の書き方が分からない。

 

ワークポート


☑️IT業界だけで約2,000社と取引実績

☑️非公開求人を含め38,000件以上

☑️書類作成から円満退職までサポート

 

 

・強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
・常時38,000件以上の求人を保有!非公開求人も豊富!
・各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート
・オリジナルツール「eコンシェル」が便利!

DYM就職


☑️2,000社の優良企業のみ紹介

☑️イベント来場者の就職率96%

☑️カンタン60秒マッチングサービス

 

 

・既卒者・第二新卒者・高卒・大学中退者
・ニート・フリーター・契約社員・派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
・正社員経験3年未満の方
・正社員として働きたいが、何をしたらよいかわからない方

 

転職
スポンサーリンク
最強営業本部長をフォローする
スポンサーリンク
給与未払いで借金700万円から脱け出したブラック企業の元取締役営業本部長
タイトルとURLをコピーしました