スポンサーリンク

こんな時どう書いたらいい?履歴書の作成で困った時の対処法【元採用担当者直伝】

転職

 

これから転職活動をはじめる方

履歴書の書き方忘れた

この部分は書いたほうがいいのかな

ここはどうやって伝えたらいいんだろう

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • こんな時どう書いたらいい?履歴書の作成で困った時の対処法【元採用担当者直伝】
  • オススメの転職サービス4つ

 

この記事を書いている僕は、法人向けの営業経験が13年以上です。(2020年現在)

自身も4回の転職経験あり。

企業の求人採用や人材育成にも関わってきたので、履歴書を作成する時のポイントについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

こんな時どう書いたらいい?履歴書の作成で困った時の対処法【元採用担当者直伝】

履歴書を書いている時に「この部分はどう書いたらいいのかな」「ここは書いておいたほうがいいのかな」と迷うことがあります。

あらかじめ書く時のマナーやルールがわかっていれば迷わなくても大丈夫です。

履歴書を書く時に迷いそうなことをまとめました。

 

「本人希望記入欄」はどうやって書いて伝えたらいいんだろう

「本人希望記入欄」は基本的に何も書かないです。

「貴社規定に準じます」と書いておきましょう。

希望の給与や勤務地などをそのまま記載すると「とんでもないやつだ」「自己主張強すぎ」「マナー知らないのかよ」と感じてしまいます。

ただし、やむ得ない事情がある場合は別です。

例えば、家庭の事情などで長い時間働くことができないのであれば勤務時間とともに理由を記載。

限られた勤務地でしか働けない場合は勤務地とともに理由を記載。

という具合に記載し、企業側にわかりやすく伝えましょう。

 

過去に病気をしていた時はどうやって書いて伝えたらいいんだろう

もし現在完治していた場合は記載する必要はありません。

同様に、仕事をするのに支障がなければ書かなくて大丈夫です。

現在も治療が必要であったり、病院に通っているのであれば必ず記載しましょう。

その場合は、病名や病状、どのくらいのペースで病院にかよわなくてはいけないのかをわかりやすく記載。

隠して働いて後からバレた場合、会社とのトラブルになりますので注意してください。

きちんと前もって企業に説明し、了解をもらうようにしましょう。

 

「趣味」はどうやって書いて伝えたらいいんだろう

採用担当者にとって趣味欄はとてもたいせつです。

なぜなら面接の時に相手の人柄をイメージしたり、話題をつくることができるからです。

聞かれたことに答えてもらうだけでなく、日常会話がどの程度できるのか、コミュニケーション能力の部分もそのように見ています。

ぶっちゃけ、人柄や雰囲気がよくてそのまま採用を決めたこともあります。

とはいえ、趣味のところをゴリゴリに書かれると、「コイツ働くより趣味命なんだな」と印象を与えてしまいます。

その趣味の内容によっては、「仕事休んでそれやられたら困るな」と思うこともあります。

なので、趣味をもし読書や映画などにした場合、ジャンルやカテゴリなどを具体的に。

アピールの材料として「◯◯の作品で学んだ△△を御社での仕事に活かしたい」などと書くと印象がいいです。

 

オススメの転職サービス4つ

履歴書が書き終わったら職務経歴書と併せて働きたい企業に応募しましょう。

応募する前に書類の最終チェックを念入りに行いましょう。

 

IT・Web転職特化エージェント【レバテックキャリア】無料会員登録 / レバレジーズ株式会社

『レバテックキャリア』はIT/Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化したエージェント型の転職サービスです。

IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者さまに対して、キャリアのご相談から、企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供いたします。

 

IT・インターネット業界専門転職から総合型転職エージェントへ 株式会社ワークポート

【ワークポートグループ】は【総合人材紹介会社】です。

10年以上、IT専門で紹介を行っていましたが、2014年に総合型へと幅を広げました。

現在では、全国にオフィスを立ち上げ、各拠点でより専門性の高いサービスの提供を目標に、 【転職の超プロ集団】が転職活動を徹底的にサポートいたします。


ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)の無料カウンセリング

ゲキサポは、マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービスです。

自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から、面接対策までしっかりとトレーニングします。

担当者も、キャリアカウンセラーや、企業の採用担当、起業家など、採用に関わる人から指導を受けることができます。

 

「一生食えるを目指す」成長企業の営業職特化の転職・キャリア支援【ベンチャーセールス】 株式会社ナッツ

ベンチャー企業×営業職に特化した転職・キャリア支援サービスです。

「営業経験者」の方にピンポイントで合った「一生食えるキャリア」を描くための転職支援をしています。

「キャリアアップ」だけでなく「キャリアチェンジ」や「スキルアップ」の支援を受けることも可能です。

適職を紹介、受かるコツを伝授! 首都圏25-30歳の求人情報多数。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

転職
スポンサーリンク
最強営業本部長をフォローする
スポンサーリンク
給与未払いで借金700万円から脱け出したブラック企業の元取締役営業本部長
タイトルとURLをコピーしました